スポンサーサイト

2018.06.30 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    武者震い

    2018.04.04 Wednesday 17:58
    0

      本日4月4日のしんぶん赤旗から

      ぐっと引きつけられた2つの記事をご紹介します。

      (もちろん、他にも見どころはたくさんあります)

       

      〃鎧研究を否定する学術会議の声明(昨年3月)から多大学が対応していると日本学術会議が明らかに


      ・防衛省の資金提供制度への応募方針や審査手続き、ガイドラインが「ある」34.1%
      ・防衛省制度への応募を「認めたことがない」75.6%

       

      山極寿一会長は、各研究機関に声明の議論を続けてほしいと述べた。 

       

      ◆屮汽襪脇痛を訴えない」

       人体実験が疑われる731部隊員の学位の検証を、学者たちが京大に要請する署名が取り組まれている

       

       

      どちらの記事も、安倍政権への厳しい警鐘です。

       

      外交政策だけでなく軍事と民生のデュアルユースの研究や実践化を推奨し、学問の軍事化に手も口も出す安倍政権。

      「隠ぺい」「改ざん」が次々と明らかになる安倍政権。

       

      学問は嘘とごまかしを許さず、 真実を探究する。

       

      学問に携わる者たちの強い覚悟と、それを報道するしんぶん赤旗のメディアの役割を発揮する心意気に、

      久々に武者震いしました。

       

      category:文化・芸術 | by:浅野ふみ子comments(0) | -

      番町皿屋敷−怪談とは異なる、儚く美しいラブストーリー

      2015.05.12 Tuesday 15:34
      0
        前進座の国立劇場公演をご一緒にご覧になりませんか?

        日本共産党南関東ブロック「党と後援会の前進座公演観劇のつどい」のご案内です。
        5月17日午後3時半開演(貸切)。
        特別観劇料は7400円。
        演目は、以下のとおり。(私は「番町皿屋敷」が楽しみです)

        お問い合わせは、お近くの事務所や議員まで。もしくは、メールにてどうぞ!

        番町皿屋敷

        愛を疑ってはならない──
        清純かつ痛切なラブストーリー

        かいせつ

        多くの新歌舞伎作品を残し、小説「半七捕物帳」でも知られる、岡本綺堂の名作。
        旗本・青山播磨とそれに仕える腰元・お菊との身分を超えた純愛を、世に知られる皿屋敷伝説を素材にして、怪談とは全く異なる、儚く美しいラブストーリーに仕立てています。
        お菊をはじめ、従来は女形を当ててきた役に女優を起用し、演出には歌舞伎とオペレッタの両分野で活躍する寺崎裕則氏を迎えます。
        稀有な美しい愛の寓話を現代に蘇生する舞台にご期待下さい。

        あらすじ

        播磨(嵐芳三郎)とお菊(今村文美)は、主従の関係を超えて愛し合い、播磨はお菊を妻に迎えるつもりでいます。しかし、播磨にもたらされた縁談話を知り不安になったお菊は、割れば手討との掟のある家宝の皿をわざと割って、播磨の本心を確かめようとします。
        粗相して皿を割ったと聞いて播磨は、お菊を許しますが、実は自分の愛を試された事実を知って……。

        人情噺 文七元結

        江戸つ子たちの心根が泌みる
        おかしく、しみじみ、晴れやかな舞台

        かいせつ

        落語でもお馴染み、三遊亭圓朝の人情噺を芝居にした、笑いと涙にあふれた傑作。前進座では、一九五八年の初演いらい、八百回を超えて上演されてきた人気演目です。いじらしい真心に泣き、引っ込められない意地に笑い、いかにも江戸っ子らしい登場人物たちが繰り広げる、心うるおす一幕をお楽しみいただきます。

        あらすじ

        左官の長兵衛(藤川矢之輔)は、腕はいいが遊び好き、バクチと酒にかまけて稼業はほったらかし。 女房お兼(河原崎國太郎)との間には喧嘩が絶えません。
        娘お久(本村祐樹)は、そんな不和に心を痛めて、自ら吉原の遊女屋佐野槌に身を売って金を拵えようとします。娘の孝行に打たれた長兵衛は、すっかり目が覚め、懸命に働いて一年のうちに迎えにくると誓い、佐野槌から五十両を借り受けます。
        その帰り道、身投げしようとしている若い男文七(忠村臣弥)を助けるのですが……。

        category:文化・芸術 | by:浅野ふみ子comments(0) | -

        Profile
        profilephoto
        日本共産党の浅野ふみ子です。
        4歳、7歳、8歳の3人の子育て真っ最中です。
        子育て世代、働く女性の声を届けるために頑張ります。

        Facebook 随時更新中!
        Twitter 随時更新中!
        PR
        Calender
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>
                    
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 千葉家庭裁判所市川出張所を視察
          シバタヒロヒコ
        • 悔しさとたくさんの財産を糧に
          うねき
        • 笑いと涙と勇気がたくさん詰まった、憲法記念日の山田洋次講演会
          nemu
        • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
          栗山稔康
        • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
          浅野ふみ子
        • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
          谷川郁夫
        • オール沖縄からオールジャパンに!
          世直し太郎
        • 初心に帰って−2002年参院補選で国政への初挑戦・31歳の決意を振り返り
          浅野ふみ子
        • 初心に帰って−2002年参院補選で国政への初挑戦・31歳の決意を振り返り
          東葛民主中年同盟カクサン部
        Recommend
        Link
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM