スポンサーサイト

2018.06.30 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    人生と切り難く結びつく尊厳

    2018.04.26 Thursday 16:28
    0

      91年、私は土木技師になった。

      木更津市役所初の女性技師として。


      男社会のど真ん中に飛び込んだのだから、職務中でも飲み会でも感じる違和感は受け流し周りになじむことに必至だったが、

      「女を見下すな」

      「卑猥なことを言うな」

      「お酌をさせるな」

      と叫びたかった。


      だから私は、個人の尊厳を守りたい!

      category:人権問題 | by:浅野ふみ子comments(0) | -

      セクハラを許さない風潮を!

      2018.04.18 Wednesday 17:05
      0

        発端は音声データであることは同じ。


        韓国では、大企業の幹部であろうとパワハラの疑いを受け捜査をする。


        日本では、官僚のセクハラをなかったことにしようとしている。


        何故こんなに違うのだろうか。

        韓国の国民の批判が大きいと報道しているが、日本の国民の怒りも相当大きいが。


        category:人権問題 | by:浅野ふみ子comments(0) | -

        個人の尊厳を取り戻す!!

        2018.03.31 Saturday 10:39
        0

          本日3月31日付けしんぶん赤旗の首都圏版「駆けある記」に、エッセイが掲載されました。


          ぜひ、ご覧ください。


          そして、ご購読くださると嬉しいです。


          ーーーーーーーーーーーーーーー

          〔尊厳軽視の政治変える 〕

           

          浅野ふみ子参院議員候補

           各地での出会いを重ね、「すべての人の幸せを」との思いが強まる日々です。

           先日、千葉県内の視覚障害者団体の集まりでオカリナの調べに酔いしれました。暗譜するために、何度点字の楽譜に触れたのでしょうか。ドイツ民謡「乾杯の歌」に合わせて鳴り響く聴衆の手拍子との一体感は、全く見えないとは信じられませんでした。

           電動車いすを巧みに操作する友人は、アイドルのコンサートを楽しんでいます。週に数回の入浴介助などを利用する障害者自立支援から介護保険への強制移行は違法だと、千葉市を相手取り裁判をたたかっています。

           誰もがゆるやかに老いていく。健常者と障害者の明確な境目もない。一瞬一瞬を楽しむために、人は一所懸命に生きている。それを尊重するのが、憲法25条の生存権です。

           憲法を守らせ、行政の支援をさらに充実させることがアラフィフ世代(40代後半〜50代前半)の私の役割です。

           個人の尊厳を軽んじる政治を、必ず変える。熱く、しかし、しなやかにたたかい続けよう。


           

          category:人権問題 | by:浅野ふみ子comments(0) | -

          性暴力被害「MeToo」

          2018.01.23 Tuesday 13:39
          0
            しんぶん赤旗1月23日付け

            落合恵子氏

            「今でも多くの被害者が沈黙を破ることをためらう。もともとこれらの暴力が、力関係を背景にしたものであるから。その力学は私たちが生きるこの社会にそのまま根付いている」

            まずは、弱者いじめの政治から99%のための政治へと切り替えなきゃ?

            category:人権問題 | by:浅野ふみ子comments(0) | -

            個人の自由について

            2017.12.26 Tuesday 09:41
            0
              「うちの子40歳なのにまだ結婚しないんだよ、困っちゃう」という親心が、どれだけ子ども心を傷つけているか。

              「子どもはまだか」などの、孫見たさがどれだけ追い詰めているか。

              よく考えてほしい。

              結婚をするかしないか、異性か同性かも本人の自由。

              子どもをいつ産むか産まないかも本人の自由だ。
              category:人権問題 | by:浅野ふみ子comments(0) | -

              Profile
              profilephoto
              日本共産党の浅野ふみ子です。
              4歳、7歳、8歳の3人の子育て真っ最中です。
              子育て世代、働く女性の声を届けるために頑張ります。

              Facebook 随時更新中!
              Twitter 随時更新中!
              PR
              Calender
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              262728293031 
              << August 2018 >>
                          
              Selected entry
              Category
              Archives
              Recent comment
              • 悔しさとたくさんの財産を糧に
                うねき
              • 笑いと涙と勇気がたくさん詰まった、憲法記念日の山田洋次講演会
                nemu
              • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
                栗山稔康
              • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
                浅野ふみ子
              • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
                谷川郁夫
              • オール沖縄からオールジャパンに!
                世直し太郎
              • 初心に帰って−2002年参院補選で国政への初挑戦・31歳の決意を振り返り
                浅野ふみ子
              • 初心に帰って−2002年参院補選で国政への初挑戦・31歳の決意を振り返り
                東葛民主中年同盟カクサン部
              Recommend
              Link
              Search
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM