初心に帰って−2002年参院補選で国政への初挑戦・31歳の決意を振り返り

2015.08.10 Monday 14:32
0
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ごあいさつ


    みなさん、はじめまして。日本共産党の浅野ふみ子です。

    私は、15歳から千葉県に暮らして17年、三番瀬や盤州(ばんず)干潟など県内の豊な自然や、そこではぐくまれた親しみやすく、実直で素朴な人の多いところが大好きです。

    しかし、ムダな大型の公共事業のために環境を破壊されるたび、千葉らしさが失われるようで胸が痛みました。
    私は土木工学を学び、自然と人間が共存するためにはどうしたらいいのかと考えて、現場にかかわってきた土木技師です。現場での一個人の努力も大切ですが、それには限界があります。公共事業に50兆円を投入しても、それを利用する人の命や健康を守る社会保障がたったの20兆では、自然と人間が共存していく土台がつくれません。

    「ゼネコンや大企業のためだけのムダな大型公共事業を生み出している、国の政治のおおもとを変えなくてはいけない」、そう考えていた時に「国政へ」という要請を受けたのです。

    今年の2月に記者会見をおこない、参議院に挑戦することを発表しました。
    それから数ヶ月たち、ムネオ疑惑、そして加藤疑惑と次々と自民の要職の立場にあった国会議員が、公共事業を食い物にして、莫大な利権を手にする汚職事件が起こっています。千葉県でも、現職の鎌ヶ谷市長が逮捕されるという前代未聞の疑惑が明らかになり、井上裕・前参議院議長は、「秘書が公共事業の口利きにかかわっていたその政治的、道義的責任をとる」と議員辞職しました。それに伴って10月27日参議院補欠選挙が行なわれることになったのです。

    突然の補欠選挙ですが、国民の税金である公共事業を食い物にして、利権をあさる自民党型の金権腐敗体質を変えていく絶好のチャンスではないでしょうか。政・官・業の癒着によって私腹を肥やし、一方で国民にだけ痛みを押し付ける猯笋燭だ治瓩ら、国民の暮らしを直接応援する心の通った爐△燭燭い政治瓩鮗存修気擦襪燭瓩法∩肝呂鮨圓す決意です。

    みなさん。私は、「自民党政治を変えたい」と思っている方、「政治なんて変わらない」「誰がやっても同じ」と思っている方など、多くの方と手をつないで、一緒に社会を変えたいと思っています。たくさんの願いを実現させるために、みなさんの思いを聞かせてください。今の政治や社会についてどう感じているか、こう変えたらいいのではというご意見など、聞かせてください。

    みんなが生き生きと暮らせる社会をつくるために、頑張ります。

    どうぞ、よろしくお願いします。  浅野ふみ子
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    今から13年前、日本共産党の専従者となって3年目のこと。
    参議員千葉県選挙区への立候補要請を受けての、決意です。

    この後、広い千葉県内を走り回り、各界各層の方々とお会いし、切実な要望を伺い、
    これらに応えるためにも、「必ず国会へ」という思いが強まりました。

    それから13年。
    いま読み返すと、青年らしい初々しさ(手前味噌で失礼!)も、
    年齢や社会的な経験の少なさからの未熟さも、渾然一体となっている決意です。

    土木技師を志し、木更津高専で土木工学を学び、木更津市役所で初の土木技師だったからこそ、
    公共事業を食い物にする汚職事件や環境破壊への怒りは、今も全く変わりません。
    さらに、3人の子育てや社会活動などを通じて得た経験から、
    「暮らしを守る政治」を実現させたい、という思いはますます強くなっています。

    すでに県内各地で、党と後援会のみなさんの奮闘によって、
    浅野のポスターがあちこちに貼り出されています。

    以前、「ポスターの人ですよね?」とランチの会計時に定食屋の店員さんから聞かれましたが、
    今日は、「よく見たら、うちの目の前にも貼ってありました」とのこと。

    党と後援会、支持者のみなさんに心から感謝をしつつ、
    かつての若々しい初心も大切にしながら、
    今度こそ、定数3の一角をもぎ取る決意を、改めて固めています。
    category:雑感 | by:浅野ふみ子comments(2) | -

    スポンサーサイト

    2017.04.25 Tuesday 14:32
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment
      来る選挙戦に向けて着々と準備を進めています。最大のネックは有権者台帳の整備です。これをやらずに組織の若返りは望めません。現在遊び9割、政治1割の比重で強い絆による党勢拡大を目論んでいます。
      さてどうなるやら。
      • 東葛民主中年同盟カクサン部
      • 2015/08/18 9:58 PM
      ありがとうございます。

      18歳選挙権が初めて実現される選挙ですから、青年の願い、要求を大切にして訴えたいと思います。

      そして、若者自身の自主的な運動に発展できるようにしていきたいですね。
      (もちろん、仲間づくりも!!)
      • 浅野ふみ子
      • 2015/08/20 11:34 AM








         

      Profile
      profilephoto
      日本共産党の浅野ふみ子です。
      2歳、5歳、7歳の3人の子育て真っ最中です。
      子育て世代、働く女性の声を届けるために頑張ります。

      Facebook 随時更新中!
      Twitter 随時更新中!
      PR
      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
                  
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 悔しさとたくさんの財産を糧に
        うねき
      • 笑いと涙と勇気がたくさん詰まった、憲法記念日の山田洋次講演会
        nemu
      • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
        栗山稔康
      • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
        浅野ふみ子
      • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
        谷川郁夫
      • オール沖縄からオールジャパンに!
        世直し太郎
      • 初心に帰って−2002年参院補選で国政への初挑戦・31歳の決意を振り返り
        浅野ふみ子
      • 初心に帰って−2002年参院補選で国政への初挑戦・31歳の決意を振り返り
        東葛民主中年同盟カクサン部
      Recommend
      Link
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM