分断を乗り越えて

2017.01.10 Tuesday 15:49
0

    「自己責任」という言葉が多用され、
    政治の責任を免罪する事態が続いています。

    少ない年金も、将来が不安だと悩むことも、

    医療費が高いのも、給料が少ないのも、貯金がたまらないのも、
    何もかも突き詰めれば自分のせい。

     

    こんな考え方が社会の隅々にまで広がり、多くの人を追い詰

    めている。

     

    さらに、
    「子育て支援だと言うならば、高齢者支援をすべきだ」
    「ワーキングプア・非正規の労働条件の改善も大事だが、正規のサービス残業もなんとかすべき」
    などなど、「苦しいのは○○のせい」と敵視することも。

     

    でも、それって本当にそうなのだろうか?
    ともに苦しい立場に置かれている者がいがみ合うのではなく、
    団結してこそ事態の抜本的な改善につながるのではないだろうか。

    そう呼びかける方々が、少しずつではあるが増えてきているように思う。

     

    強行採決を繰り返し、暴走を続けるアベ政権への一番のダメージは、

    国民が連帯の輪を広げて、束になって反撃に出ることだと、世論が広がってきている。

    昨年の参院選では野党と市民との協力・共同が全国で始まり、

    歴史を動かす大きな一歩を踏み出した。

     

    そして、現在、解散総選挙が取りざたされる中、

    もっとさらに「力を合わせよう」という機運の高まりに、ドキドキわくわくする。

    日本共産党は、「アベ政権を退場させるためにご一緒に頑張りましょう」と

    呼び続けているし、分断攻撃を跳ね返して団結しよう、と声を上げている。

     

    昨日は、船橋市内のある支部が開催した新春のつどいで、

    「歴史を変えよう、政治を変えよう。私たちの連帯を強めよう」と熱く語り合い、

    長年のしんぶん赤旗日曜版の読者さんが、入党を決意してくれた。

     

    「父と母の代から共産党を支持してきました。

    二人亡きあと今は私一人ですが、何かありましたら、その時はよろしくお願いします」
    こう自己紹介されたあと、
    「何かなくても、大丈夫だよ」
    「こちらこそよろしくね」
    と、支部の皆さんから激励が飛び交い、
    その後に入党を呼びかけたところ、
    「はい、よろしくお願いします」
    と入党申込書にサインをしてくれた。

     

    私たちの一番の力は仲間であり、連帯であり、組織的な発展。

    さらに仲間の輪を広げて、今年も元気に頑張るぞ!!

    category:雑感 | by:浅野ふみ子comments(0) | -

    スポンサーサイト

    2017.09.28 Thursday 15:49
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment








         

      Profile
      profilephoto
      日本共産党の浅野ふみ子です。
      3歳、7歳、8歳の3人の子育て真っ最中です。
      子育て世代、働く女性の声を届けるために頑張ります。

      Facebook 随時更新中!
      Twitter 随時更新中!
      PR
      Calender
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
                  
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 悔しさとたくさんの財産を糧に
        うねき
      • 笑いと涙と勇気がたくさん詰まった、憲法記念日の山田洋次講演会
        nemu
      • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
        栗山稔康
      • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
        浅野ふみ子
      • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
        谷川郁夫
      • オール沖縄からオールジャパンに!
        世直し太郎
      • 初心に帰って−2002年参院補選で国政への初挑戦・31歳の決意を振り返り
        浅野ふみ子
      • 初心に帰って−2002年参院補選で国政への初挑戦・31歳の決意を振り返り
        東葛民主中年同盟カクサン部
      Recommend
      Link
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM