スポンサーサイト

2018.06.30 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    新党への期待と政治不信

    2017.09.28 Thursday 16:14
    0
      「名を捨てて実を取る」(前原氏)
      「看板替えの党に負けぬ」(安倍氏)

      何が実か?
      何が負けぬか?

      ワイドショーをはじめマスコミが面白おかしく、くっついたり離れたりする方々の「右往左往」ぶりを、政策や理念はそっちのけで報道している。

      安保法制の廃案からつい最近までは廃止を掲げて、野党と市民が共闘してきたはずなのに。

      「記憶にございません」
      とでも言うつもりだろうか?

      「(小池氏は)安全保障、基本的理念は同じ」(安倍氏)
      だから、
      「安倍首相は小池氏とは全面対決するつもりはない」(25日夜―首相周辺)
      というのが本音で、冒頭のセリフはシナリオ通りか。

      どこまで国民を愚弄するのか。
      選挙を前にして、まじめに国民の生活や経済や外交・安全保障をどうすべきか、政党として政策を訴えるべきではないだろうか。

      ところで先日、
      「限界まで短くして欲しい」
      という私の無茶な短髪要求にも応えてくれる美容師が、
      「本当にヒドイですね〜。もうやんなっちゃいますよ。投票率、下がるんじゃないですか?」
      とため息交じりに言っていた。

      新党への期待と政治不信。

      そのどちらにも、丁寧に
      「日本共産党があるじゃないか!!」
      と訴える選挙になりそうです。

      「浅野さんは出るんですか?」(美容師)
      「いいえ、私は参議院選挙の千葉選挙区に挑戦するって発表しているから、衆院選は出ないんですよ」(浅野)

      それでも、あちこちで熱く訴えます。

      「比例代表は日本共産党へ!!」

      今こそ、ブレずに筋を貫く、企業献金も一円も受け取らない、最もしがらみのない日共産党を大きくしていただくことが、この政治を変える一番の力になります。

      さあ、がんばるぞ!!

      category:2017総選挙 | by:浅野ふみ子comments(0) | -

      スポンサーサイト

      2018.06.30 Saturday 16:14
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | -
        Comment








           

        Profile
        profilephoto
        日本共産党の浅野ふみ子です。
        4歳、7歳、8歳の3人の子育て真っ最中です。
        子育て世代、働く女性の声を届けるために頑張ります。

        Facebook 随時更新中!
        Twitter 随時更新中!
        PR
        Calender
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
                    
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 千葉家庭裁判所市川出張所を視察
          シバタヒロヒコ
        • 悔しさとたくさんの財産を糧に
          うねき
        • 笑いと涙と勇気がたくさん詰まった、憲法記念日の山田洋次講演会
          nemu
        • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
          栗山稔康
        • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
          浅野ふみ子
        • 自然災害とシビルエンジニアの誇り
          谷川郁夫
        • オール沖縄からオールジャパンに!
          世直し太郎
        • 初心に帰って−2002年参院補選で国政への初挑戦・31歳の決意を振り返り
          浅野ふみ子
        • 初心に帰って−2002年参院補選で国政への初挑戦・31歳の決意を振り返り
          東葛民主中年同盟カクサン部
        Recommend
        Link
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM